型紙の印刷方法

メルちゃん【リボンヘアバンド】の作り方と無料型紙を紹介

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方と無料型紙小物

メルちゃんやソランちゃんに使える、リボンヘアバンドを作りました。

お洋服とお揃いの生地でヘアバンドを付けると、おしゃれ度がアップしてとってもかわいいです♪

 

無料型紙と作り方をご紹介しますので、ぜひ作ってみて下さい。

メルちゃんやソランちゃんのリボンヘアバンド

メルちゃんのリボンヘアバンド

かわいいリボンが付いたヘアバンドを作りました。
リボンは大きめサイズでキュート♪

 

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

リボン部分はヘアバンド本体に1回結んで付けているだけなので、リボンの位置を動かすことができます。
少し横にずらして付けてもかわいいです。

 

メルちゃんの手作りリボンヘアバンドの後ろ側

後ろ側にくる部分にはゴムが付いています。

 

メルちゃんやソランちゃんサイズの手作りリボンヘアバンド

  • 手縫いが苦手だから全部ミシンで作りたい
  • 細長いヘアバンド部分を縫い返すのが面倒
  • 細長いものを縫い返すための便利な道具を持っていない

という方でも簡単に作れる方法をご紹介します。

 

ハンドメイドに必要な材料

メルちゃんのリボンヘアバンドをハンドメイド

生地

縫いやすいブロード生地で作りました。

 

5mm巾のゴム

 

難易度

1.0

 

リボンヘアバンドの作り方

メルちゃんやソランちゃんサイズのリボンヘアバンド

 

裁断

メルちゃんのリボンヘアバンドの裁断方法

  • リボン 2枚
  • ヘアバンド 1枚

裁断します。

リボンは、返し口の印を付けておきます。

 

それでは縫っていきましょう!

 

縫い方

①リボン2枚の表面同士を合わせて縫う

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

nanokoko
nanokoko

返し口は縫わないで残しておきます。

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

②縫い代1枚をアイロンで折る

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

③返し口から表に返してアイロンで整える

メルちゃんのリボンヘアバンドの縫い方

 

④返し口を端ミシンでとじる

メルちゃんのリボンヘアバンドの縫い方

nanokoko
nanokoko

リボンを結んだときに、このステッチは隠れて見えなくなりますので、ミシンでとじてしまったほうが早くてラクです。気になる方は手縫いでとじてください。

 

⑤ヘアバンド周囲をアイロンで折る

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

⑥ヘアバンドをさらに半分の幅に折る

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

⑦ゴムを用意して印を付ける

 

⑧ゴムを挟んで縫う
nanokoko
nanokoko

ここからは、ぐる~っと続けて縫っていきます。

 

(1)ヘアバンドの端にゴムを印まで入れて縫って、角で針を刺したまま(続く→)
メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

(2)押さえを上げて方向を変えて、続けて端を縫っていく(続く→)
メルちゃんのリボンヘアバンドの縫い方

nanokoko
nanokoko

開いているほうを端ミシンで閉じます

 

(3)角まできたら、また方向を変えて(続く→)

 

(4)反対側のゴムを入れて返し縫いで止め、角で針を刺したまま(続く→)
メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

(5)押さえを上げて方向を変えて、続けて端を縫っていく(続く→)
メルちゃんのリボンヘアバンドの縫い方

 

(6)スタート地点に戻ったら、返し縫いでゴムを止める
メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

<ゴムを付けたところ>
メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

⑨ヘアバンドにリボンを1回結び付けて完成

メルちゃんのリボンヘアバンドの作り方

 

無料型紙ダウンロード

無料型紙を使って、ぜひ作ってみて下さい♪

スポンサーリンク

リボンヘアバンドの型紙ダウンロードはこちら

メルちゃんのヘアバンド無料型紙

【No.41リボンヘアバンドの型紙】
↓↓↓
No.41無料型紙PDF(リボンヘアバンド) (525 ダウンロード)

 

型紙は、縫い代付きの実寸サイズです。

 

リボン―0.5cm
ヘアバンド―0.7cm

の縫い代を付けています。

 

注意事項

拡大縮小なしのA4サイズでプリントアウトして、「5cm」のところに定規をあてて、100%等倍で印刷できているか確認してみて下さい。

型紙は個人利用を目的として参考程度に使っていただいて構いません。無料型紙については、こちらをご一読ください。

 

メルちゃんサイズのヘアバンドをハンドメイドした感想

メルちゃんとネネちゃんが手作りリボンヘアバンドを付けてる

後ろのゴムは、

  • ゴムをそのまま使う作り方(左メルちゃん)
  • 生地の中にゴムを通してゴムが見えない作り方(右ネネちゃん)

両方作ってみたところ、

ゴムをそのまま使うタイプは、作るのがラクなのと、小さい子にはゴムが伸びやすくて付けやすいのかな?と感じました。

付けやすいと言っても、

うちの子が付けると、相変わらず髪の毛はボサボサになってしまいますが…
お手伝いは必要です(^-^;

ゴムが見えないタイプは、きれいに作れてかわいいし、付けた時に安定しやすいなと感じました。

 

どちらのタイプもいいので迷いましたが、今回は簡単に作れる「ゴムをそのまま使うタイプ」の作り方をご紹介しました。

 

メルちゃんのリボンヘアバンド

リボンを縫い返すところ以外は簡単に作れると思います。

 

ゴムの上がり寸法は、使うゴムのメーカーや幅によって伸び具合が変わるので、

きついな・ゆるいな、と感じたら調節してくださいね。

 

メルちゃんにヘアバンドを付けるのは小さい子にとってはちょっと難しいですが、とてもかわいくなるのでおすすめです。

お子さんと一緒に、着せ替えやヘアアレンジも楽しんでくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました